ミャンマー人がシンガポールへ行く理由を、実際にシンガポールへ行くミャンマー人へ聞いてみた

若手のミャンマー人がシンガポールへ行くことになった。

昨日の投稿でどうしてシンガポール行くのかを考察したのだが、

実際に行く理由を本人に聞いてみた。

 

1.給料

やはり大きなポイントは給料だ。

シンガポールで数年間生き延びることができれば、ミャンマーへ戻った際に、

給料が通常の3倍程度になる。

この給料を狙って経験値を上げるためにシンガポールへ行く。

 

2.ビジネス環境

シンガポールの厳しい環境に身を置きたいということであった。

シンガポールでビジネスをする際は、彼らが使う専門的な単語を含んだ会話が理解できなかった場合、

聞き返すことができるのが2度までである。

2度聞き返すタイミングですでに顧客は怒っている。

 

顧客の怒りを避けるために、いつもより何倍も集中して耳を傾ける。

そして、自分の責任で判断をして行動をする。

 

そういった経験を求めに行っている。

 

3.資格試験の勉強

IT系の仕事の場合、資格の有り無しが採用に直結する。

シンガポールへ行く前に、数ヶ月感勉強をするという。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です